• 日本語
  • 한국
メニュー
  • 自然素材にこだわった環境と家族にやさしい塗り壁材
  • やさしい木の香りに包まれ家の中に居ながら森林浴気分
  • 快適な暮らしを守るすぐれた調湿・消臭・蓄熱・不燃性

  • 自然素材にこだわった環境と家族にやさしい塗り壁材
  • やさしい木の香りに包まれ家の中に居ながら森林浴気分
  • 快適な暮らしを守るすぐれた調湿・消臭・蓄熱・不燃性

試験データ

調湿実験

【試験条件】

温度変化時の水蒸気量変化を計測する。飽和塩溶液を用い、デシケータ―に試料を設置し、吸湿させた。単位温度変化に要する水蒸気量を求めた。単位はg/㎥H

【試験結果】

実験開始前の湿度は、両キットルームとも54%。

約70℃のお湯を入れ、アクリルボックスをかぶせて湿度の変化を観察した。すぐにクロスの方は結露し始め湿度も急上昇。それに対してモックンは、湿度はゆっくりと上昇したが、結露することはなかった。20分後、クロスの方の湿度は92%。それに対しモックンの方は、67%と、25%の差が出た。結露の様子を見比べても、モックンの塗り壁は吸湿性に優れているということがわかる。

消臭実験

【試験条件】

10ppmのアンモニアが入った容器(6ℓ)に各試験体を入れ、経過時間とその時のアンモニア濃度を測定。

また、空試験として、試験体を入れないものについても同一の試験を行う。容器へのアンモニア採取には、製品名:気体採取器

(株式会社ガステック製)、測定は、製品名:気体検知器(3Lアンモニア)(株式会社ガステック製)を使用。

 【試験結果】

強いアンモニア臭(公衆トイレの約2倍の濃度)が、最初の5分でモックンの試験体の濃度が大幅に減している点に注目。およそ10分後には、半分以下の数値が実証された。消臭効果としては、即効性があると判断。


燃焼実験

【試験条件】

 試験機:東洋精機製作所製CONEIII、ISO5660-1に準じ、発熱速度200kw/㎡以上の継続時間、試験時間中の総発熱量及び裏面まで及ぶ亀裂の有無を調べる。試験時間は20分。20分間の総発熱量が(7.2MJ/㎡以下(基準値の8.0MJ/㎡の9割))を合格とする。

【試験結果】

20分間の総発熱量の測定を行った結果、不燃材料としての基準値を大幅に下回る結果が出た。

今後は、国土交通省の不燃認定試験を実施予定。(H27年度予定)

開発者の声
ご当地Mokkun
施工例